プロフィール

ミキタカ

Author:ミキタカ
現在大学院に通い、corratec corones 2 に乗るロード初心者のブログ
2008年7月にロードバイクの魅力に取り付かれ、ロードバイク生活が始まる!

パッション時計

我慢できない人はPを

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

ビジネス略語

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

最近のトラックバック

青いCORONES、風を切る!
corratec coronesに乗る大学院生初心者貧脚ローディの自転車日記!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコの話:Part2
先日電車に乗っていると、近くの若者が
「おれエコやってるぜ!エコ!エコノミー!」


おしいっ!w
突っ込みたくなりましたが、そこは空気を読んで突っ込まず。
エコノミーではなくエコロジーですよね!
経済やってるぜ!ってなんのこっちゃw

-------------------------------------------------------------------------------------------
※専門分野ではなく勉強不足の初心者の発言ですので、本当なのかなと思った人はご自身でしらべることをお勧めします。またそれは違うな~んてコメントいただけたりすると大変参考になります。
------------------------------------------------------------------------------------------
では本編へ!
前回のエコ話のあとちらっと調べたりしてたのですが、自分も考えはまだまだ甘かったようです。
まず、コップの話のは「アルキメデスの法則」。これは、あくまでも浮かんでいる氷が解けたときには水位が上がらないということのようです。
さらには、やはりコップなので表面張力があるということを考えないのは無理があるため、コップでのアルキメデスの法則から海面上昇を批判することはほぼできないということになるだろう。

ということは、海底から続いている氷河の場合、それが解けたとしたら海面からでている体積の分だけ水位が上がるようです。
次に、氷といっても種類がさまざまあるようで、氷河、氷床、氷帽とあるようです。
氷河 長年にわたって存在し、重力によって流動する巨大な氷の塊である。(wikipedeaより)
氷床 陸地を覆う5万km2以上の氷河の塊である。
氷帽 5万km2以下の氷河の塊

コップでのアルキメデスの法則では、海面に浮いている氷河のみの話をしているだけにすぎないため、説得性に欠けますね。もし、単純に考えてグリーンランドなどの氷床の大部分が解けたとしたら海面の上昇は避けられないでしょう。

あくまで単純に、解けたらという仮定の話であってグリーンランドの氷床がなくなるということは考えにくい。(しかし、減少しているという報告も実際にはあるようだ)全部解けるくらいまで温暖化が進んだとしたら、海面の蒸発も考えられるんじゃないかな?

さらには、氷床、氷河が溶けたとしてもすぐに海面上昇に繋がるなんてことは無いんではないでしょうか。氷が解けても水分が蒸発したりして、そして雨になって、陸地にふったものは直接海面上昇には繋がらない。陸地に降ったものが、また蒸発して・・・とかで、直接海面上昇になるには、時間差攻撃があるんじゃないでしょうか。

う~~~む・・・ここまで書いてきたことはあくまで勝手な推測です。
環境問題を考えるときには、地球規模ということもあって大量の条件が加わってきますからね。各地の気温差とか、まぁいろいろです(笑)

ということで、海面上昇について調べ考えてみました!
難しい・・・でもおもしろい。私たちの生活に関係してますしね^^調べても決して無駄ということはないでしょう!

ただし、前も言った気がする?けど

環境問題はいまや経済ですね。
あれやこれやと金やら政策が関わってきますからね。

それと、自分もまだまだ勉強途中でこんなこというのもなんですが、今のところ自分が感じるのは、
私たち国民からの税金を、いくらか知りませんが〇兆も使って、地球温暖化の解決策として国が国民に認知させているCO2の削減が本当に効果があるのかわからない。地球規模で、ほんの数パーセントを減らしたからといって温度が下がるのかわからない。ましてや、地球温暖化なんぞ起きていない、自然現象の一部で人為的なものではないとか、CO2濃度が温暖化の主な原因ではない、温暖化は起きていない、寒冷化するなどといっている科学者も多くいるわけです。
科学者が言っているからとするのも嫌ですが、国やNHKが説明していることよりかは確実に信頼できると思います!!(一つの可能性があるにすぎないという報告を、あたかも確実に今おきているとか、これから起きるとか、過剰に言って私たちの危機感を煽っているとしか思えない報道などがあるからです)

1個人で行う、行っているエコ活動、本当に効果があるのかはわかりません。しかし、環境への関心が高まることは非常に良いことだとは思いますが、それを利用するのはやめてもらいたい。
だからなおさら、地球環境に興味、関心がすこしでもある人は、エコのために!なんて活動している方は、科学者が言っているからなどではなく、メディアの報道を鵜呑みにするのではなく、自分で調べてみるのが一番だと思います!!

今日の授業はこれでおしまい!次回は・・・なににしようかな~~

日本語おかしいのは指摘なしでお願いします(笑)
色とか全く工夫なしでガンガン書いていったので、読みにくいのはすみません;
スポンサーサイト

■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mikitakan.blog39.fc2.com/tb.php/33-4a6e3c4a
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
おすすめブログ

天気予報

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

カウンター

無料カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。